荘川トンネル火災の原因は故障車?東海北陸道では飛騨清見が通行止め!

シェアしてもらえると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

こんにちは。

アラサーめがねことはるさめです。

週末の連休が終わろうとしている

日曜日の夜に東海北陸道で

トンネル火災が発生して通行止めになっています。

荘川トンネル火災の原因は故障車?01

富山県から愛知県を縦断する

東海北陸自動車道の岐阜県にある

荘川トンネル内での火災によって

荘川〜飛騨清見間が上下とも通行止め

レジャーからの帰りで立ち往生してしまっている

方も多数いるそうです。

荘川トンネル火災の原因は

トンネル内での故障車が発火とみられています

どのような状況で発生したのか考えてみました。

スポンサーリンク

荘川トンネル火災の状況は?

Twitterで現場状況を確認したいと思います。

荘川トンネル火災の原因は?

荘川トンネル火災の原因は故障車?03

原因が故障車とされていますが、

一言に故障車といっても

いろいろな可能性が考えられます。

車の故障で発火する原因となるのも

様々な状況が考えられますが

いくつか主だった原因を紹介します。

オイル・ガソリン漏れ

最も多いのはオイルやガソリンが

漏れているのに気づかず

漏れ出た液体に着火して火災になることです。

パワーシート挟まり

最近主流となっている

電動でシートを動かせるパワーシートですが、

シートがドアに挟まって

動けないにもかかわらずボタンを長押しして

電気系統をショートさせてしまうことで

発火してしまいます。

プリズム火災

サンキャッチャーや吸盤などを

フロントガラスに貼り付けることで

虫眼鏡を使って太陽の光で紙を燃やすような

原理が作用して火災に発展します。

車内でのスプレー使用

車内で制汗スプレーや整髪スプレーなど

火気厳禁のスプレーを使用した後に

換気せずにたばこを吸うとその火で

車内に充満したガスに着火し爆発します。

季節や時間帯を考慮すると

火災原因はオイル・ガソリン漏れでは

ないかと思いますね。

トンネル火災の怖さ

荘川トンネル火災の原因は故障車?02

トンネル火災は普通の道路上での火災と比べて

煙が狭いトンネル内に充満してしまうので

直接的に火災に会わなくても

煙を吸ってしまうだけで

一酸化炭素中毒になって倒れてしまう

恐ろしさがあります。

荘川トンネルの長さは1060mで

約1kmはあるので

もし、出口付近で火災が発生しているとしたら

入り口までの1kmを歩いて戻らなければいけません。

その1kmの距離を

もくもくと立ち込める煙と戦いながら歩くのは

精神的にも相当怖いものです。。。

充満する煙が原因となり

普通の道路での火災よりも

トンネル内の火災の方が

被害が大きくなってしまう傾向にあります。

消防隊員が現場で鎮火活動をされているので

一刻も早いレスキューを祈るばかりです。。。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です