梅毒患者が急増中!症状・予防法とペニシリンの効果はどんなの?

シェアしてもらえると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

こんにちは。

アラサーめがねことはるさめです。

梅毒トレポネーマという細菌に

感染することによって発症する

梅毒の患者数が

ここ数年日本で急増しており、

予防の呼びかけが広まりつつあります。

2005年の梅毒患者数と比較すると

全体で約3倍に増えています。

女性は約5倍にも増加しており

特に若い層への広がりが深刻になっています。

性的接触や皮膚から感染する

梅毒の症状や予防法、

特効薬と呼ばれるペニシリンについて

情報ををまとめてみました。

スポンサーリンク

梅毒の歴史

梅毒はコロンブスがアメリカ大陸発見とともに

ヨーロッパに持ち込んだとされており、

1500年以前より存在していた

古くからある感染症です。

日本では歌人・三条西実隆の「再昌草」に

初めて記述されたとしており

1512年には京都や沖縄で

大流行していたと言われています。

歴史的有名人でいうと、、、

加藤清正、前田利家、浅野幸長などが

この梅毒によって死亡しています。

この時代の医学レベルを考えると

抗生物質という概念もなかったので

感染したら最後の不治の病ですね。

もちろん、医学で研究が進められており

水銀やヒ素を使用した

解毒療法を試みた歴史もありますが、

両社とも副作用があまりに強すぎるため

ほとんど広まりませんでした。

1940年代にペニシリンという

抗生物質が発見され

大量生産ができるようになることで

梅毒が不治の病ではなく完治するようになり

日本では梅毒患者数が500人にまで激減しました。

梅毒の症状・予防法

梅毒の症状は4段階に分けられます。

①感染3週間後

感染部分(性器・口・皮膚)に小さいしこりができ、その後しこりが硬く盛り上がってきます。

※放置していると2~3週間でなくなります。

②感染3か月後

顔や手足に薄い赤色のあざができ、全身に赤茶色の小さいぶつぶつが発生します。

※3ヶ月~3年間この症状が続き、その後なくなります。

③感染3年以上経過

大きめのしこりが体全体にできます。

④感染末期

心臓・神経・血管などに重い障害が出始め、死に至ります。

②と③の症状の間には

無症状の期間があるので

放置して治ったと思ったら

しばらくしてパワーアップした症状が

倍返しだ!!といった感じで迫ってくるので

昔の人は怖かったでしょうね。。。

でも、みなさん安心してください!

②の症状の段階で

病院に駆け込む患者がほとんどなので、

いまでは③④の症状になる人はいません。

梅毒患者のほとんどが性的行為を通して

感染しているので

究極的な予防法は肉体関係をもたないこと!

徳川家康の第2子である結城秀康も

梅毒によって命を落としましたが

その理由を遊郭での遊びと突きとめ

遊郭への出入りを控えるように

勧告を出していたほどです。

でも、これは不可能なことなので

現代ではコンドームの使用が予防法として

有効になってきますね。

キスでも感染するので

これを予防する術はありません。。。

となると、、、

やっぱり梅毒患者と性的関係を持つことを

避けるのがいちばん!

梅毒の心配がある人は

パートナーと一緒に検診に行って

安心するのが身体にも心にもいいですよ!

妊娠しているお母さんから胎児に

梅毒が感染する可能性もありますが、

いまは妊婦健診が徹底されているので

胎児への感染はなくなっています。

梅毒の特効薬・ペニシリン

症状の進行度によって

ペニシリンの投与期間は違ってきますが

2週間~2か月間で梅毒がなくなります。

アオカビから発見されたペニシリンは

抗生物質の研究を大きく進歩させ

医学の発展に大きく貢献しました。

(もちろん、ペニシリンを発見した学者はノーベル賞を受賞しています)

ペニシリンは梅毒だけでなく

現役バリバリで様々な病気と闘っています。

例えば、、、

肺炎・咽頭炎・中耳炎・感染性心内膜炎など

多くの患者の命を助けています。

薬タイプではなく

注射で投与するタイプなので

注射嫌いには遠慮したいペニシリンですが

命には代えられないですね!

梅毒は感染後、

早めにペニシリン治療ができれば

それだけ早く完治するので

早期発見が治療の近道です!

梅毒患者数が増えてきて

まさかの事態があるかもしれませんので

気になる方はすぐ検診を受けることが大事!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です