夢の跡の全文はどこで読める?高田愛弓さんの父親から学ぶことは?

シェアしてもらえると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

こんにちは。

アラサーめがねことはるさめです。

全国小・中学校作文コンクールで

文部科学大臣賞を受賞した

静岡サレジオ中学2年生の

高田愛弓さんの作品が秀逸だと

話題になっています。

その作品が、、、夢の跡!!

「父が、逮捕された。
自宅には家宅捜索が入った。毎日「いってきます」と「ただいま」を繰り返す門扉は、マスコミ陣で埋め尽くされた。」

という衝撃的な一文で始まる

この作品が本当に中学生が書いたのか

疑いたくなるほどの完成度で

選考委員も満場一致の最高点が出ています。

そんな夢の跡の全文が読みたい!

ということで

どこで読めるのか調べてきました。

スポンサーリンク

高田愛弓さんってどんな人?

夢の跡の全文はどこでみれる?01

小学3年生から

全国小・中学校作文コンクールに

作品を応募しており

5年生・6年生と2年連続で

読売新聞社賞を受賞しています。

小さいころから文章を書くのが

好きだったとわかりますね。

小学校から中学校に進級しても

もちろんコンクールへの応募を続け

中学1年生で最優秀賞 文部科学大臣賞

見事、受賞しています!

2015年も受賞したので2年連続の快挙です。

受賞作品の文章力もさることながら

注目したいのはこの受賞コメント、、、

「毎年、この賞の中学生を憧れと尊敬の眼差しで見上げて来ました。到底、自分の力では及ぶものではないという印象があった反面、いつかは受賞してみたいという、夢に近い目標でもありました。多くの方に支えられ、愛情を注いで下さった方々と頂いた賞です。私は学生という立場から日頃恩返しすることはなかなかできず、与えて頂くばかりですが、この賞が少しでも恩返しの一部になれば幸いです。ありがとうございました。」

あふれ出る文才に頭が上がりません。。。

将来は芥川賞や直木賞

受賞する立派な作家さんに

なっているかもしれませんね!

高田愛弓さんの父親は?

夢の跡の冒頭でも触れられているように

高田愛弓さんの父親は

何か犯罪を犯して逮捕されています。

わざわざ父親がどんな事件を

起こしたのか調べるようなことは

しませんが、

高田愛弓さんの作文を通して

学んだことがあります。

偏見はなくそうと心がけていますが

やはり犯罪者の家族と聞くだけで

身構えてしまいます。

家族には何の罪もないことは

わかっているつもりですが

犯罪者を親に持つ子供となると

変な教育を受けているのではないか

と色眼鏡で見てしまうこともあります。

でも、高田愛弓さんの文章を読んで

こんなに感情豊かな表現力と

素晴らしい構成力のある才能は

周りのきちっとした教育が

あったからにほかなりません。

いままでの心のどこかにあった

色眼鏡を外さなければいけないなと

考えさせられました。

夢の跡の全文はどこで読める?

公開された一部を読むだけでも

引き込まれる作品ですが

全文はなんと原稿用紙78枚分もの

分量があり、

文字数にすると3万文字以上です。

もはや作文というよりは

短編小説に近しい感じになってきますが

その全文をいち早く読んでみたいですね。

2016年3月に

全国小・中学校作文コンクールの

優秀作品をまとめた冊子が発刊されるので

そこで全文を読むことができます。

また、その電子書籍版もあって

2014年版は無料で公開されたので

3月になれば誰でも読めそうです。

昨年高田愛弓さんが

同じ文部科学大臣賞を受賞したときは

在籍する静岡サレジオ中学校の

ホームページに全文が掲載されたので

こちらでも公開されることと思います。

昨年は12月に公開されていたので

もしかしたら冊子の発刊前に

読めるかもしれませんね!

ちなみに、

2014年の受賞作品の全文がこちらです!

「一期一会 ~その想いを紡ぐ~」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です