子連れ詐欺で飯田敏和が逮捕!飯田周太の偽名を使い寸借詐欺繰り返す!

シェアしてもらえると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

こんにちは。

アラサーめがねことはるさめです。

内縁の妻・木ノ桐久味子さん

8歳の子どもを連れて

寸借詐欺を行っていたとして

飯田敏和さんが逮捕されました。

寸借詐欺とは、

人の善意につけこんで

返済する気もないのに

少額の現金を借りる詐欺のことを指します。

子連れというだけで

同情してしまう気持ちはありますよね。。。

何も知らない子どもを使って

そんな詐欺行為を繰り返していた

飯田敏和さんと木ノ桐久味子さんは

詐欺の被害者だけでなく

連れまわしていた子どもにも

こころに深く傷をつけたに違いありません。

スポンサーリンク

飯田敏和の子連れ詐欺

子連れ詐欺の手口は

飯田敏和さんは飯田周太という偽名を使い、「田舎者でオートロックを知らず、友人の家に財布を置いたまま外出してしまった。泊まるところがない」と同情を買う文句を言い、必ず返すと言いながら連絡先を2か所書いた紙を渡してお金を要求します。

その場で連絡先を

スラスラと滞りなく書く姿は

書きなれているように見えるそうで

それもそのはず、

この詐欺は4年間も続けられており

100回以上は同じ住所を

書いていたのだと予想できます。

お金を渡してあげないと

子どもが野ざらしになってしまうのでは?

と心配した情の深い方から

だまし取っていたのは

悪質極まりないですが

詐欺なのではと疑問に思った勘のいい人でも

何度断っても30分以上も付きまとわれ

仕方なくお金を差し出す事案も多数あります。

だまし取ったお金で

関西を中心にホテルを転々としていて

飯田敏和さんがパチンコ店で

逮捕されたことからも

ギャンブルへの投資も

かなりの金額があったのでしょう。

ホテルを転々としていたということで

8歳の子どもは本来なら小学2年生ぐらいのはずが

小学校にも通わせてもらっていなかったのです。

今回の事件発覚で保護されたので

きちっと義務教育を受けて

同い年の友だちと楽しい学校生活や

日常生活で必要な常識を

いち早く学んでほしいですね。

道行く人に声をかけて

お金の交渉をしているときに

子どもは終始黙ったまま真顔だったそうですが

親の詐欺行為をどのような思いで

見つめていたのか気になります。

それが悪いことだとわかっていたから

真顔で見つめていたのだと

思いたいですね。

飯田敏和の詐欺金額は?

結局のところこの子連れ詐欺で

いくら儲けたのか気になってしまうのが

大阪人の悪い癖です。。。

飯田敏和さんが

詐欺によって受け取った金額は

発表されていないので

独自に計算してみました。

4年間毎日ホテル暮らしをしていたとしたら

親子3人で関西の安めのホテルであれば

1週間滞在で4万円ぐらいで泊まれるので

それを4年間続けていたとしたら、、、

約832万円!!!

それに飲食代やパチンコ代などを

含めると、、、

1000万円は4年間で使っているでしょう。

となると、、、

1000万円ぐらいは

詐欺で儲けていたと

考えることができますよね!

こんな大金があるのなら

アパートでも借りた方が

良い生活ができたような。。。

というかフリースクールでも

子どもを通わせることが

できたはずなのに。。。

子どもが不憫で仕方ありません!

飯田敏和の連絡先は?

飯田敏和さんが飯田周太の名前を使って

お金と交換に渡していた連絡先は

実在しない住所ではなくて

飯田敏和さんと関係のある場所でした。

1つは徳島県にある

飯田敏和さんの実家!!

もう1つは大阪市内にある

飯田敏和さんの学生時代住んでいたマンション!!

これならスラスラ書けるのも

うなずけますね。

連絡先を警察が調査した時点で

飯田敏和さんが犯人に近いのは

明白なのに

逮捕まで4年がかかった理由は

ホテルを転々としていたので

足取りが追いにくかったからかもしれませんね。。。

もしかしたら、

飯田敏和さんは警察の追ってから

逃げやすいということまで考えて

ホテル暮らしをしていたのでしょうか。

どちらにしても

ようやく捕まったのでよかったです。

最近は子どもを利用した犯罪行為が

子連れ詐欺以外にも広がっているので

早急に逮捕して

子どもを解放してあげたいですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です