シンフォニー豊田ビルの陥没原因は?竹中工務店の不祥事が続く?

シェアしてもらえると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

こんにちは。

アラサーめがねことはるさめです。

名古屋市駅の駅前にある

建設中のビル「シンフォニー豊田ビル」

そばの歩道で陥没事故が発生しました。

その工事を請け負ったのが、、、

竹中工務店!!

シンフォニー豊田ビルの陥没原因は?03

どうにも杭打ち偽装の事件があってから

建築会社大手への不信感

少なからず持っていて

「またかよ!」と突っ込んでしまいました。

そんなシンフォニー豊田ビルの

陥没事故の原因と

竹中工務店の過去の不祥事について

調査してきました!

スポンサーリンク

シンフォニー豊田ビルとは?

シンフォニー豊田ビルの陥没原因は?05※完成予定図

名古屋駅を降りてすぐにある

名古屋市中村区名駅四丁目の位置に

地上25階・地下2階・高さ115mの

超高層ビルを建設中です。

地図はこちら!

ホテル、映画、グルメなどを含めた

総合的な複合ビルを予定しており

周りの建物と地下でつながって

雨の日でも濡れずに

ショッピングなどを楽しめるような

設計になっています。

オフィスには豊田通商やその関連会社も

入る予定で

商談に新幹線を来た方にとっても

目と鼻の先になるので

便利な位置ですよね!

竹中工務店の過去の不祥事とは?

シンフォニー豊田ビルの陥没原因は?04

陥没事故を起こした

シンフォニー豊田ビルの建設を

請け負っていた竹中工務店は

2014年にも同じ名古屋で

事故を起こしていました。

2014年9月JPタワー名古屋を建設中に

名古屋市営地下鉄東山線名古屋駅構内に

雨水が流入して

地下鉄が9時間も運行中止になる

事故を起こしていました。

工事のため下水管を切断して

下水が漏れ出さないように切断面を

埋めていたものの

それが破れて大量の雨水が流入

地下鉄にまで進出してしまいました。

明らかな工事不良のために

大きな事故を生み出していますね。

それ以外にも、

2015年2月には甲府市役所の窓枠が

4階から落下する事故があり

甲府市の調査によって他にも87か所の

工事の不具合があることが発覚しました。

窓枠の重さは約100kg

もしも人にぶつかっていたらと

考えるだけでも恐ろしいものです。

大きな企業なので

数多くの案件をこなしていて

不祥事の確率からいうと

低いのだと思いますが

それでももう少し事故が起きないように

しっかりとしてもらいたいですね。

シンフォニー豊田ビルの陥没原因は?

シンフォニー豊田ビルの陥没原因は?02

今回のシンフォニー豊田ビルの

陥没原因となったのは

地下水が漏れ出てきて。。。という

発表しかされていませんが

過去の不祥事から判断すると

名古屋市で起きた地下鉄の事例と同じく

下水管の切断面の埋め込みが

甘かったのではないでしょうか。

地下水があふれ出す可能性でいうと

配管を傷つけた場合も

考えられますが、

ここは過去の事例から判断したいです。

ということで、

シンフォニー豊田ビルの陥没原因は

下水管の切断面の埋め込みに

不具合があったからだと考えます!

名古屋市駅の真ん前ということで

市民の交通にも影響があるので

早急な復旧作業が行われることを願います。

竹中工務店さんは再発防止を。。。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です