増山麗奈の経歴は?プルトニウム米発言に社民党参院選に不安!

シェアしてもらえると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

こんにちは。

アラサーめがねことはるさめです。

2016年夏の参議院選挙に

社民党から立候補を予定している

ジャーナリストが

過去に過激発言をしていたことが

わかり話題となっています。

その人物は、、、増山麗奈さん!!

増山麗奈の経歴は?04

安倍政権の憲法解釈などに

対立姿勢を見せる社民党は

政権の支持率が低下する中での

参議院選挙で

勢いを高めたいところですが、

増山麗奈さんの問題発言で

スタート地点から不安を感じます。

そんな増山麗奈さんについて

問題となった発言や

経歴について調査してきました。

スポンサーリンク

増山麗奈の問題発言

増山麗奈さんの問題発言は

Twitterで投稿されたものです。

おそらく問題の投稿は

しばらくしたら消されると

予想されるので

Twitter画像を解説します。

「てめえら豚はうすぎたねえプルトニウム米でも喰ってな!」

「RT @xincosugui: @renaart イヌならまだしもブタ扱いでしょう。 」

率直な感想は言葉遣いが汚すぎる!

誰に向けた発言かまでは

確認できませんでしたが

おそらく誰か人間に対して

発言されているのでしょう。

豚と差別発言しているのは

もちろん問題ですが、

プルトニウム米という言葉は

福島県でお米を作っている

農家さんに対しても

風評被害をもたらしかねないです。

福島原発の放射能汚染で

苦しみながらも生活のために

一生懸命お米を作って

放射線の検査を合格したものしか

市場に出していないのに

それをプルトニウム米だなんて。。。

やっぱり福島県産のお米は

汚染されているんだ!って

勘違いする方も出てしまう

可能性は十分あります。

なので、

個人的には「てめえら豚」よりも

「プルトニウム米」の部分に

違和感を感じますね。

※福島県産のお米は放射線検査に合格したものが市場に出荷されます。プルトニウム米は存在しません。

増山麗奈の経歴

増山麗奈の経歴は?01

名前:増山麗奈(ますやま れいな)

生年月日:1976年12月25日

出身地:千葉県船橋市

学歴:東京芸術大学中退

小さい時から絵が好きで

高校に入学と同時に

絵画やパフォーマンス活動を

始めています。

東京、香港、ベルリン、ソウルなどで

個展やグループ展を

多数開催しており

画家として活動を広げる一方で、、、

■天安門10周年パフォーマンスに参加

■イラク戦争開戦時にカワイイ系反戦アート集団「桃色ゲリラ」を結成

■戦火のバクダッドでアーティストとの交流を行う

などなど

政治的な活動にも幅広く参加し

最近ではジャーナリストとして

有名になっています。

旦那さんと2人の娘さんの4人家族で、

旦那さんの志葉玲さんも

反原発のジャーナリストとして

ともに活動をされています。

経歴をさらっと見るだけでも

人生経験の豊富さが伝わってきます。

反戦活動は力を入れていたので

安倍政権と対決姿勢の

社民党から立候補するのは

ごく自然な流れですね。

社民党としては目玉候補として

増山麗奈さんを考えていただけに

今回の問題発言は

かなりの痛手になってしまいますね。

実はまだある増山麗奈の問題発言

増山麗奈の夫は志葉玲!04

増山麗奈さんのTwitterには

他にも問題発言があったので

いくつか引用文で紹介します。
※過激と思われる単語については「●」で隠しております。

増山麗奈 @renaart 2015-11-09 10:22:57
原発から200キロ離れた柏で検査した10人の一人が甲状腺ガンの疑い
気がつくと一流タレントも女子アナはテレビ(東京)から離れ
残っているタレントも話題はガンとの闘病や自●未遂 交通事故など
体調不良や中枢神経異常を疑われるニュースばかり

一流タレントや女子アナが

東京から離れたって

どういうことなのでしょうか?

関西ローカルで応援していた

芸人や地方アナが

東京に流出してしまっているのに

その逆は一切なし!

私の勉強不足かも知れませんが、

自●未遂や交通事故も

よくわからない理由ですね。

ただ、増山麗奈さんは

放射能を避けてなのか

神戸市に住まれています。

自分の意思に基づいて

ガツガツと行動を起こす

行動力は素晴らしいものですが

風評被害を誘発する発言は

控えた方がいいかもしれませんね。

参議院選挙まで

まだまだ日にちがあるので

社民党の反応が気になるところです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です