谷口けいが遭難?経歴や結婚が気になる!

シェアしてもらえると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

こんにちは。

アラサーめがねことはるさめです。

国際的に有名な女性登山家が

北海道上川町の大雪山系黒岳の

登山中に滑落したと通報がありました。

その登山家とは、、、谷口けいさん!!

谷口けいが遭難?経歴や結婚が気になる!01

男女5人のグループで

登山をしていた谷口けいさんは

山頂に到着してグループから

離れたすきに急斜面を滑り落ちたとされます。

8000m級の山を2つ

登頂を成功をさせている

登山歴20年以上の大ベテラン

谷口けいさんについて調査してきました!

スポンサーリンク

谷口けいの経歴・プロフィール

谷口けいが遭難?経歴や結婚が気になる!02

名前:谷口けい

生年月日:1972年7月14日

出身地:和歌山県和歌山市

学歴:明治大学文学部

和歌山県生まれの千葉県育ちで

小学生のときに

マッキンリー単独登頂を

初めて成功させた冒険家で登山家の

植村直己さんの本を読んで

彼が下山途中で

行方不明となったマッキンリーに

登りたいと希望を抱くようになりました。

植村直己さんの母校である

明治大学に進学し、

サイクリングスツツーリング部に所属し

自転車と山登りの生活を続けていました。

その後、マスコミ関係の会社に

就職するも2年半で退職し

本格的に登山家の道を目指し始めます。

■野口健環境学校プログラムファシリテーター

■山岳ツアー会社契約ツアーリーダー

■日本山岳協会自然保護指導員

■東京都山岳連盟遭難対策委員兼救助隊

など

環境・観光・教育といった

山に関する幅広い知識と経験を活かして

様々な活動を行っています。

登山というと

男性のイメージが強いですが

小学生で抱いた夢を

就職してから追いかけるなんて

決断力がすごいのか

行動力がすごいのか

どちらにしても素晴らしいことですね。

目標だった植村直己さんと

同じ大学に入ったのは

たまたまかもしれませんが

29歳で夢だった

マッキンリー登頂を成功させ

無事に下山したことは

行方不明になって

下山できなかった植村直己さんを

超えたと言っても過言はないでしょう。

谷口けいの登頂歴は?

谷口けいが遭難?経歴や結婚が気になる!03

2001年 – マッキンリー(6,193m/アメリカ)登頂。2日連続登頂。
2002年 – 野口健エベレスト清掃隊2002に参加。
2003年 – 野口健エベレスト清掃隊2003に参加。
2004年 – ゴールデンピーク(未踏ルート/7,027m/パキスタン)初登頂。
2004年 – ライラピーク[東壁](未踏ルート/6,200m/パキスタン)初登頂。
2005年9月5日 – ムスターグアタ[東稜](7,569m/新彊ウイグル自治区)登頂。
2005年10月12日 – シブリン[北壁](未踏ルート/6,543m/インド)初登頂。
2006年5月16日 – マナスル(8,163m/ネパール)登頂。
2007年5月17日 – エベレスト[北壁](8,848m/チベット)登頂。
2008年10月5日 – カメット[南東壁](未踏ルート/7,756m/インド)初登攀。
2011年5月2日 – フランシス峰[南西稜](3,185m/アメリカカヒルトナ氷河)登頂。
2011年5月7日 – カヒルトナクイーン[西壁](3,773m/アメリカカヒルトナ氷河)登頂。
2011年5月24日 – マッキンリー[ウエストバットレス](6,194m/アメリカ)登頂。
2011年6月9日-17日 – カヒルトナピーク(西峰4,000m/東峰4,100m/アメリカカヒルトナ氷河)縦走。
2011年10月9日 – ナニムニ[南東壁](7,694m/チベット)登頂。
2012年 – アネト山(3,404m/フランス)登頂。
2014年9月29日 – ムスタンマンセイル峰(未踏峰/6,242m/ネパール)登頂。

谷口けいさんの登頂実績で

有名な山のほんの一部だけを

紹介させていただきましたが

それだけでもこのボリューム!

どれだけの山に挑戦してきたかが垣間見れます。

強敵と名高い世界の山脈

15以上も制覇してきた

素晴らしい功績です!

登山界のアカデミー賞とも呼ばれる

「ピオレドール賞」

受賞した経験もあり

国際的にも評価されています。

谷口けいは独身?結婚していた?

谷口けいさんはとあるインタビューで

同世代の女性が普通に就職して結婚して子供を産んで、、、

そういった普通のことを見ていると

「自分はこんなんでいいのかな」と思うことがある

と答えていました。

このことから

谷口けいさんは結婚されずに

独身で43年間生活されてきた

ことがわかります。

実際、登山家というのは

常に死の危険と隣り合わせの

状態にいるので

家族を作ってしまうことで

逆につらい思いをさせてしまう

わざと独身を選んでいたのかもしれません。

インタビューでは

自分はこんなんでいいのかなと

自虐的なコメントを残していますが

普通の生活をしている人にとっては

谷口けいさんの選んだ

自分のやりたいことを突き詰める

人生のスタイルはうらやましくあります。

ただただ自然と向き合い続けた

谷口けいさんの結婚相手

大好きな川・森・土・きれいな空気がある

だったのかもしれませんね!

谷口けいさんが一刻も早く

救出されることを願います!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です