君塚栄治の死因に放射線被ばくの噂?再就職で隠居生活!

シェアしてもらえると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

こんにちは。

アラサーめがねことはるさめです。

東日本大震災で

10万人規模の自衛隊統合部隊

指揮して救援活動に尽力した

元陸上幕僚長が死去されました。

その人物は、、、君塚栄治さん!!

君塚栄治の死因に放射線被ばくの噂?01

前代未聞の大災害において

陸海空の自衛隊の先頭に立って

被災者・被災地の支援

行っていたことは

日本国民の心に残っていることと思います。

そんな君塚栄治さんは

平均寿命が80歳を超える現代で

63歳という若さで死を迎えたということで

様々なところで死因についての噂が飛び交っています。

ということで、

君塚栄治さんの死因の噂を調査してきました!

スポンサーリンク

君塚栄治の経歴

君塚栄治の死因に放射線被ばくの噂?02

名前:君塚栄治(きみづか えいじ)

生年月日:1952年7月16日

出身地:神奈川県

学歴:アメリカ陸軍指揮幕僚大学

防衛大学校を卒業後、

陸上自衛隊に入隊していますが

アメリカ陸軍の将校を多く輩出している

アメリカ陸軍指揮幕僚大学に

留学した経験を持っています。

陸将や防衛大学校幹事に就任するなど

エリート街道まっしぐらで

東北地方の自衛隊を束ねる

東北方面総監に昇格もしています。

東北方面総監の任期中に

東日本大震災が発生し

史上最大規模となる10万人の

陸海空自衛隊を指揮する活躍を見せ

その輝かしい働きぶりを認められ

陸上幕僚長に昇進するほどでした。

被災者の方からもお悔やみの言葉が

続々届いていることからも

素晴らしい活動をされていたことが

わかります!

自衛隊に所属している中で

君塚栄治さん以上に

多くの日本人に知られている人は

いないのではないでしょうか。

君塚栄治の再就職先は?

君塚栄治さんは2013年の8月に

自衛隊を退官し

2014年2月には一般企業に

再就職されています。

君塚栄治さんの再就職先は、、、

株式会社小松製作所!!!

「KOMATSU」のマークで有名な

建設系の重機などを製作しているメーカーですね。

君塚栄治さんは株式会社小松製作所に

「顧問」という肩書きで

役員ではないながらも

高い地位が準備されていました。

再就職の申請書には、、、

株式会社小松製作所は、防衛省との間に契約を締結した営利企業であるため、自衛隊法第62条第2項に規定する営利を目的とする会社その他の団体の地位で、その離職前5年間に在職していた防衛省と密接な関係にあるものに該当するとして、同条第3項に規定する防衛大臣の承認が必要である。

のように記載されており

まぁ、一言で表現すると

「天下り」なのでしょうね!

公務員の天下りについては

批判されることが多いですが

君塚栄治さんについては

これまでの日本国民のために

尽力してきた経歴を考えると

どうぞ天下りしてください!

という気持ちになってしまいますね(笑)

自衛隊での仕事に一区切りをつけて

小松製作所の顧問として

悠々自適な第2の人生を

スタートさせていた君塚栄治さんには

まだまだやりたいことが

いっぱいあったはずなのに

入社後1年も経たずに

亡くなられたことが悲しいです。。。

君塚栄治の死因は放射線被ばく?

君塚栄治さんの死因については

全く公表がされていないので

様々は噂が飛び交っていますが

その中でも最も多いのが、、、放射線被ばく説!!!

東日本大震災で

先頭に立って救援活動

行っていたためなのでしょうか

放射能被ばくが死因とみる意見が多くあります。

でも、個人的には放射能被ばく説には疑問があります。

君塚栄治さんが東日本大震災で

総指揮をとっていたのは

2011年3月14日~7月1日の

たった3ヶ月半という短い期間です。

放射線というのは被ばく量が

体内に蓄積していって

ガンなどを引き起こす原因となる

と言われていますが

現在の福岡県内の被害を考えても

短期間のうちにそれほど多くの

放射能にさらされていたとは考えにくいです。

実際のところ

放射能被ばくがどのような影響が

出てくるかもはっきりしていないので

君塚栄治さんについても

それを死因とするのは厳しいですね。。。

最後にはなりましたが、

君塚栄治さんのご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です