北朝鮮地震は核実験が原因?爆発の震源地の場所はどこ?

シェアしてもらえると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

こんにちは。

アラサーめがねことはるさめです。

北朝鮮でマグニチュード4.9

大きな地震を観測したとして

気象庁が発表しました。

ただ、その地震は自然災害ではなく

人為的な爆発によって

起こった地震の可能性が高いく

核実験の爆発が原因とされています。

北朝鮮地震は核実験が原因?爆発の震源地の場所はどこ?01

金正恩体制に代わってから

なにかと物騒な事件が

報道されている中で

核実験が行われていることもあり

非常に心配ですね。

今回の北朝鮮地震について

震源地などを調査してきました。

スポンサーリンク

北朝鮮地震は核実験が原因?

北朝鮮ではこれまで

2006年・2009年・2013年と

3回の核実験を行っています。

■2006年10月9日の核実験:マグニチュード4.9の地震

■2009年5月25日の核実験:マグニチュード5.3の地震

■2013年2月12日の核実験:マグニチュード5.1の地震

核実験が行われるたびに

大きな地震が発生しており

今回の地震も核実験が原因なのは

確実ですね。

核実験のたびに爆弾の威力強化と

小型化が進んでいて

今回の地震の原因となった爆発も

マグニチュードから推測しても

北朝鮮の技術が着実に

進歩していることが伺えます。

無慈悲な制裁を続ける

金正恩が核爆弾を片手に

襲ってきたらと考えると

気が気でないですね。。。

直接的に

一番被害を受けているのは

核実験が行われた周囲の

住民の方かもしれませんね。

度重なる核実験で放射能汚染も

バカにはならないでしょう。。。

自然地震と核実験地震の違いは?

自然地震と核実験地震の違いは

観測した波形に違いが出ます。

■核実験での地震の波形

北朝鮮地震は核実験が原因?爆発の震源地の場所はどこ?03

■自然地震の波形

北朝鮮地震は核実験が原因?爆発の震源地の場所はどこ?02

比較してみると一目瞭然!!

自然地震は大きな揺れの前に

じりじりとした小さな揺れが

観測されているにもかかわらず

核爆発の地震の方は

突然大きな揺れが発生しています。

もう一つの違いは震源地の深さ!!

自然地震が深さ数10kmに対して

核爆発での地震は深さ0km

震源地と観測されています。

実験施設は

せいぜい地下3kmぐらいの

場所に建設されているので

考えてみれば当然ですよね(笑)

北朝鮮地震の震源地の場所はどこ?

北朝鮮には

核爆発の実験施設があり

今回の震源地はその実験場だと

推測されています。

それは、、、豊渓里実験場!!

(読み方:プンゲリ)

咸鏡北道吉州郡豊渓里にある

核実験の施設で

過去3回の核爆発もこの場所で

行われています。

豊渓里の地図はこちら、、、

韓国よりも中国の国境に近い場所にあります。

日本人としては

日本海に面しているので

海産物への放射能汚染を

心配してしまいますね。。。

イカ・アナゴ・アワビなど

海産物が豊富にとれる

対馬にも近いので

本当にやめていただきたい!

金正恩体制の暴走気味の政治は

一体どこまで行ってしまうのか

怖くなってしまいます。。。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です