イーエスピー(ESP)のホームページは?バス転落事故の会社?

シェアしてもらえると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

こんにちは。

アラサーめがねことはるさめです。

軽井沢のバス転落事故が

本日午前2時に発生し

大きな騒動になっています。

事故を起こしたバス会社は、、、

株式会社イーエスピー!!

イーエスピー(ESP)はバス転落事故の会社?02

販売はキースツアー

行っていたのですが

実際にバスの運転をしていたのは

イーエスピーだったようです。

【関連記事】軽井沢バス転落事故の原因は居眠り運転?入山峠・碓氷バイパスの場所は?
【関連記事】イーエスピーのバス管理体制は?健康把握に問題があった!

ということで、

今回問題となっているバス会社

イーエスピーについて調査してきました!

スポンサーリンク

イーエスピーってどんな会社?

イーエスピー(ESP)はバス転落事故の会社?03

会社名:株式会社 イーエスピー

本社住所:東京都羽村市富士見平二丁目1番地5

代表者:代表取締役 髙橋美作

設立:2008年7月8日

資本金:300万円

従業員数:195名

200名規模の従業員数で

思ったより大きめな会社ですね。

バス事業の他にも

警備事業を行っており

オフィスビルや駐車場など

様々な施設の警備であったり

工事現場近くの交通誘導

イベント会場の警備などを

中心に行っています。

もともとは警備事業だけでしたが

2014年5月にバス事業を立ち上げていました。

バス会社としては

まだ1年9か月しか営業していない

超のつく新参者だったんですね!

ちなみに、警備事業部では

警備員のアルバイト募集が

数多く募集していて

■18歳以上

■週1日~OK

■交通費全額支給

■日勤 8,500円( 08:00 〜 17:00 )

■夜勤 10,500円( 20:00 〜 05:00 )

このような条件になっていました。

日勤であれば、、、

休憩1時間と考えて時給1063円!!

夜勤であれば、、、

休憩1時間と考えて時給1313円!!

そこまで悪くない条件に思います。

イーエスピーのバス事業は?

イーエスピー(ESP)はバス転落事故の会社?01

イーエスピーのバス事業は

法事・結婚式・合宿・各種商業施設など

夜行バスに特化しているわけではなく

大人数を運ぶことなら

昼夜問わずの営業スタイルです。

所有バスは、、、

・大型60人乗り 正座席 49人 補助席 11人
・大型53人乗り(ダブルサロン) 正座席 45人 補助席 8人
・大型52人乗り(シングルサロン) 正座席 45人 補助席 7人
・大型45人乗り 正座席 45人 補助席 0人
・中型28人乗り(ダブルサロン) 正座席 28人 補助席 0人
・マイクロ28人乗り(小型観光) 正座席 22人 補助席 6人
・マイクロ28人乗り(冷蔵庫付き) 正座席 22人 補助席 6人
・マイクロ28人乗り 正座席 22人 補助席 6人

これら8台がホームページに

記載されていました。

2001年にバスの運行について

規制緩和が行われて以降

多くの格安バスツアーが

生まれています。

イーエスピーも2014年5月に

バス事業に新規参入をしていることから

規制緩和の恩恵を受けて

事業展開したことがわかりますね。

イーエスピーのホームページは?

株式会社イーエスピーの

ホームページはこちら↓

http://www.esp08.net

ですが、

午前7時頃よりページが削除されていて

アクセスできない状態になっています、

キャッシュが残っていたので

こちらからはのぞき見ができると

情報を提供してくれている方が

いましたので

こちらの方のURLから

アクセスしてみてください。

追加情報(2016/1/16)

株式会社イーピーエスは

軽井沢で事故を起こす2日前に

国土交通省から行政処分があり

バス1台が20日間の使用停止となっていました。

その理由は、、、

運転手の健康診断を行わず健康状態を把握していなかったことや、出発前に行うアルコール検査などの点呼実施義務違反

多くのお客様の命を預けている

運転手の管理不行き届きという

怖いものでした。

【関連記事】軽井沢バス転落事故の原因は居眠り運転?入山峠・碓氷バイパスの場所は?
【関連記事】イーエスピーのバス管理体制は?健康把握に問題があった!

ということで、

イーエスピーについてのまとめを終わります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメント

  1. 匿名希望 より:

    ESPは多角経営だったようですが、キースツアーは冬期に特化した旅行代理店でした。
    「規制緩和=格安」が強いですが、政府も経営悪化した企業からの文句に怒った挙げ句、タクシー会社のように後で台数増加制限を設けたり、ただ弱肉強食競争をさせるだけで、経営をさらに苦しくさせるという逆立ち的行為をしてばかりではないかと思っています。
    確かにモノが安いことは生活を楽にさせると言われていますが、残念ながらそれは一時的で、これに負けるのはいつも中小規模企業ばかり。特にスーパーは倒産・閉店した跡に長期間進出せず、良くて更地、悪いと幽霊ビルになったりして、長く定着してしまいます。
    「安物買いの銭失い」が一番困るので、それをしっかり教育して行かなきゃと思います。

  2. 匿名希望 より:

    なぜルート変更したかわからないと、espは言っているみたいですが、格安のバス会社は、高速道路の料金をケチるため、暗黙の了解で高速を使わせないのが当たり前になっているのが、現状ですね、でも、運良くドライバーは両名とも死亡。死人に口無しとは、この事ですね

  3. 正義の味方 より:

    テレビを拝見していますと、コメンテーターによる想像だけの無責任発言に違和感を覚えます。バス会社の運行管理や運転手の判断ミスで事故を総括しようとしているようですが、対向車の有無には全く触れていません。
    (1)対向車が右カーブでショートカット走行してくる。(2)対向車はバスの左車線に入ってくる。(3)バスが避けようとして右にハンドルを切る。(4)バスはGRに車体を凭れる。(5)土中式GRが外側に倒れると同時に車体が投げ出される。というケースもありかと。 
    深夜で監視カメラもなければ乗客に状況確認者もなく運転手も死亡。国交省も警察も十分に検証して、くれぐれも拙速に中小企業を「い・じ・め」ないように願います。

  4. 匿名 より:

    200名前後の従業員数??  …嘘でしょww

    マスコミ含めて「バス会社!」「バス会社!」っていってますが
    おそらく
    1 中古車販売店(レース仕様の中古車販売店…名前→イーグル)
    2 警備事業(主に地元の道路工事やスーパーの警備…名前→ESP)
    3 バス事業(サマーランドの最寄り駅からの送迎など…名前→ESP)
    幅広くはやってますが おそらく200名というのはかなりサバ読みです。ほとんど警備のアルバイトなのではないでしょうか…。
    1についてはhttp://www.eagle-gr.co.jp です。
    会社所在地も今回のESPと同じです。ホームページ内にレンタカーとありますが
    おそらくバス事業もしつつそのバスもレンタカーとして貸したりしてたのかも
    しれません。それに 僕はそのESPという会社からわずか徒歩2分のとこに住んでます。ESPの警備のバイトも短期ですがしたことがあります。テレビに映っている会社にはいつも4にんくらいしかスタッフいませんよ!それでバス会社って…。

    会社もボロボロで あまり地元ではいいイメージはないと思いますし 正直今回の事故を聞いた時 
    1 あそこなら やりかねない
    2 きちんと世間に対応できるのかよ?
    3 被害者にちゃんと対応できるのかよ?
    って思いました。

    今日 会社前を通ったのですが テレビ局の中継車の数に驚きました…。
    亡くなられた方のご冥福をお祈りします。

  5. 匿名 より:

    こんな投稿をされた方もいます。↓以下
    By 匿名2016年1月15日 at 16:10返信
    イーグルも最初は事故車ばっか売ってた詐欺会社だしな
    By ㈱イーグル と 担当 山本部長の 被害者のものです2016年1月15日 at 22:24返信
    昔 イーグルで車を購入したことがありましたが 保証人の承諾なしに印鑑押され 裁判沙汰になりましたよ その時の 担当者が テレビに映っていた 山本ですよ。
    会社ぐるみで嘘でたらめ ばかり言っていました。 裁判はこちらが勝ちましたが この山本はでたらめな方でした。当時から 会社ぐるみで詐欺していましたから。
    ドライバーが 会社の指示が無いので 勝手なルート変更をしませんよ。
    利用者から パンフレットと違うルートを良く走っていたと書き込みがありました。会社ぐるみだと思いますよ。 

  6. 情報ありがとうございます より:

    情報ありがとうございます。
    キャッシュとはいえ、どんな会社なのか一端が分かりました。

    ただ、1点だけ、「> 杭打ち偽装の事件でも思いましたが、どこでも下請けが多用されている時代なんですね。。。 」というのは間違っていると思い、申し上げます。

    旅行会社がバスを運行する、ということは「まず、ほとんどあり得ません」。
    例えば業界最大手のJTBであっても、
    バスや旅館を経営する、ということはほとんどありません。
    (極一部に例外的に「直営の宿(バス)」「グループ会社 の宿(バス) 」というのは
    あり得なくはないですが。)
    特に「直営の航空会社」というのはあり得ません。(これにも例外的に
    かつて「日本エアシステム」という東急グループの会社がありましたが、
    だからと言って東急観光(当時)しか使わなかったかといえば
    そんなことはないわけでして…。)

    このように、旅行会社とは「総合手配業」なのです。
    (ツアーのパンフレットにも「企画旅行」、
    社員旅行の見積もりなどにも「企画手配旅行」と書いてあるはずです。)

    したがって、今回の件で「どこでも下請けが多用されている時代」というのは
    ちょっと乱暴だと思い、書かせていただきました。

    • はるさめ より:

      ご覧いただきありがとうございます。
      はじめまして、はるさめです!
      勘違いによる記事の間違えについてご指摘いただきありがとうございます。
      ひとつ勉強になりました!
      ご指摘いただいた部分は削除させていただきました。
      これからもよろしくお願いいたします。

  7. 匿名 より:

    ずさんな経営で多くの若者の命を奪いました
    責任を取ってバス部門の営業を自粛と書いてある記事をみましたが
    それでは責任取れません‼

    自分の命をもって責任取ったらいかがですか?
    でも、自分が可愛くて!逃げるんでしょうね(笑)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です