石原仁司の経歴がすごい!京都未在は吉兆の流れを汲む!

シェアしてもらえると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

こんにちは。

アラサーめがねことはるさめです。

ミシュランで星を獲得した

京都「未在」の料理人が

NHKのプロフェッショナルに出演し

料理への真摯な取り組みに感動しました。

その料理人とは、、、石原仁司さん!!

日本料理の最高峰と言われた

京都吉兆の創業者湯木貞一さんから

直接指導を受けた経験を持っている

石原仁司さんは

いまやミシュランの星を6回も

受賞するほどの腕利き料理人になっています。

そんな石原仁司さんについて

注目したいと思います。

スポンサーリンク

石原仁司のプロフィール・経歴

名前:石原仁司(いしはら しんじ)

生年月日:1952年12月15日

出身地:島根県仁多郡

15歳のときに大阪に上京し

大阪高麗橋吉兆本店に弟子入りして

吉兆グループの創業者である

湯木貞一さんから直接指導を受け

料理の世界に入っていきます。

19歳で京都吉兆本店に移り

27歳で京都吉兆本店の料理長に就任

40歳で京都吉兆本店総料理長に就任

27歳で料理長に就任するなんて

素人にもわかるほど

異例のスピード出世ですね。

年上の料理人に指示を出すことが

多かったはずなのに

クーデターも起きずに総料理長まで

上り詰めるということは

他を圧倒する天才的な実力が

あったからなんでしょう。

最年少記録を塗り替えながら

史上最速で出世していくほど

類まれな料理センスと修行精神が

あったのでしょう。

日本料理の父とも呼べる

湯木貞一さんに出会えたことが

石原仁司さんのいまを作っている

と言っても過言ではないですね!

46歳で吉兆を去り

長崎県にある旅館「雲仙」の

旅亭「半水盧」の料理長に就任し

吉兆で培った技術を広めていきました。

52歳で京都の円山公園近くに

「未在」をオープンして

ミシュラン三つ星を6回も獲得する

極上のおもてなしを提供し続けています。

京都「未在」のお店は?

そもそもお店の名前の「未在」は

どういう意味なのかというと

禅語で「限りがない」を意味します。

石原仁司さんはその言葉に

修業にはこれで良いという限りはなく、無限であることを戒めとしている

という思いを込めて

飽くなき挑戦を続けるために

「未在」を店名にしています。

15歳で吉兆に弟子入りしたときに

禅宗のお坊さんで有名な

京都龍安寺内大珠院の

盛永宗興老師と出会い

師事をお願いした経験もあるので

石原仁司さんには

禅の教えを大切にするこころが

あるのでしょう。

席はカウンターの14席のみで

18時から一斉に食事がスタートします。

石原仁司さんが

お客様の食べるスピードを見ながら

料理を出すタイミングを見極め

調理のペース配分を

臨機応変に変えていくスタイルは

舞台公演のような感じです。

天才料理人の

石原仁司さんだからこそできる

技なのかもしれませんね。

値段は3万5000円のコースのみ

以前は2万7000円だったのですが

年々値上がりをしているようで

これはミシュランに載った

有名料と考えるほかありません。。。

それでも、値段が安いと感じるほどの

手の込んだ料理の数々と

おもてなしの心遣いに満足している

お客さんが多く

食べログでは全国TOP50に入る

☆4.46を獲得しています。

☆4の洋食屋さんに行って

ほっぺたが落ちるかと思ったことが

あるので

それを上回る「未在」は

どうなってしまうのか怖いです(笑)

ただ、ちょっと手が届かない値段だわ。。。

■未在の基本情報

住所:京都市東山区八坂鳥居前東入ル円山町620-1 円山公園内
電話番号:075-551-3310

石原仁司ともう一人の弟子は?

吉兆の創業者である湯木貞一さんに

直接指導を受けた弟子は

石原仁司さん以外にもう一人

第一線で活躍している人物がいます。

それが、、、岩本光治さん!!

徳島県の山奥で

「虎屋 壷中庵」を営んでいて

石原仁司さんと同じく吉兆で培った

技術をもとに料理を提供しています。

岩本光治さんが大事にしているのは

吉兆創業者湯木貞一さんの料理哲学

「自然への畏敬の念」を第一に考え

素材そのものの味を楽しめる

調理しすぎない料理を作り続けています。

そのためには最高の食材が必要で

岩本光治さんが自ら

3時間かけて釣ってきたお魚を

提供したりと

石原仁司さんとは違った

料理へのこだわりを持っています。

そんなこだわりを知ると

徳島県外から多くのお客さんが

岩本光治さんの料理を求めて

訪れていることもうなずけますね!

一度はきちっとした日本料理を食べてみたいな。。。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です