北尾佳奈子がシルクドソレイユに!シンクロ銀メダリストの挑戦!

シェアしてもらえると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

こんにちは。

アラサーめがねことはるさめです。

アテネオリンピックのシンクロで

銀メダルを獲得した日本代表が

現在シルクドソレイユで活躍しています。

北尾佳奈子がシルクドソレイユに!04

それが、、、北尾佳奈子さん!!

23歳の若さで日本代表を引退し

単身カナダにわたり

世界で活躍する

エンターテイメント集団

シルクドソレイユに挑戦しています。

世界を舞台に活動を続ける

北尾佳奈子さんについて

注目したいと思います!

スポンサーリンク

北尾佳奈子の経歴・プロフィール

北尾佳奈子がシルクドソレイユに!01

名前:北尾佳奈子(きたはら かなこ)

生年月日:1982年2月6日

出身地:京都府向日市

学歴:立命館大学

9歳からシンクロをはじめ

20歳で日本代表のチームに選出され

若い頃から頭角を現していました。

日本代表として、、、

2003年:バルセロナ世界水泳(チーム銀メダル)
2004年:アテネオリンピック(チーム銀メダル)
2005年:モントリオール世界水泳(チーム銀メダル)

という輝かしい成績を残しています。

モントリオール世界水泳での競技を

最後に日本代表選手を引退し

2005年12月に

シルク・ドゥ・ソレイユに挑戦します。

北尾佳奈子さんの持つ

世界レベルの身体能力と身のこなしを

オーディションで見せつけ

見事合格します!

オーディションの5か月前に

世界水泳でメダルを獲っていて

現役選手と変わらない

技術を持っていたので

当然といえばそうかもしれませんが

相手はあのシルク・ドゥ・ソレイユ

北尾佳奈子さんも

オーディションの前に

かなりの努力をされていたでしょう。

少し考えてみると、、、

芸術性が高く音楽とダンスの融合

見せ場であるシルク・ドゥ・ソレイユに

シンクロで鍛えた技はぴったりですね!

現在はシルク・ドゥ・ソレイユで

公演を行うだけでなく

母校の平安女学院の職員としても

活動をされていて

公演の合間には日本に戻って

学校に顔を出したりもしています。

それに公演のレッスンも必要なので

かなり多忙な日常を過ごされているのが

わかりますね。

北尾佳奈子の出演する「O(オー)」は?

北尾佳奈子がシルクドソレイユに!02

シルク・ドゥ・ソレイユと

一言にしても

世界中で数々の公演を行っています。

その中で、北尾佳奈子さんが

出演している作品は

シルク・ドゥ・ソレイユ出世作の

「O(オー)」です。

世界各国を行脚する公演ではなく

ラスベガスのベラージオホテルに

常設された公演で

ステージが一気に巨大なプールに

変身する大仕掛けがあり

見る人のこころを驚かせてくれます。

シンクロ要素の入った

シルク・ドゥ・ソレイユの独特な世界観

大絶賛を受けて

サーカス団という印象の強かった

シルク・ドゥ・ソレイユの評価が変わり

芸術性の高いエンターテイメント

世界中に人気を広めていく

きっかけになりました。

そんな重要な公演に

北尾佳奈子さんは出演していますが

巨大なプールが準備されていて

シンクロの要素も入るとなれば

シンクロ大国日本で仕込まれた

芸術性の高い演技は

もってこいですね!

北尾佳奈子さんの後ろ姿を見て

引退後は

「O(オー)」に出演して

第2の人生を始めるシンクロ選手も

いるかもしれません!

北尾佳奈子の演技が見たい!

ということで、

世界にも認められた

芸術性の高い北尾佳奈子さんの

演技が見たいですよね!

北尾佳奈子さんの演技動画がこちら、、、

音楽の世界観と

それに合わせた動きが

非常にマッチしていて

心を奪われてしまいますね。

手先と指先の小さな動きまで

ピシッと揃えられていて

さすがとしか言いようがありません。

水面は優雅に見えますが

水面下では

足や手をバタバタさせて

必死に体勢をコントロールしてるんですよね。。。

想像するだけでもしんどそう(汗)

日々のトレーニングによって

北尾佳奈子さんの演技は

常に磨かれているのでしょう。

素晴らしい演技に拍手を送りたいです!

ラスベガスに「O(オー)」を

ふらっと見に行けるような

お金持ちになったら

北尾佳奈子さんの演技を生で

みたいですね!

(そんな未来は果たして来るのか。。。?)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です