都ジャパンの会社概要は?偽装を認めた社長と倒産の可能性は?

シェアしてもらえると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

都ジャパンの会社概要は?01

こんにちは。

アラサーめがねことはるさめです。

2016年に入ってから

食品偽装が次々と発覚していますが

またまた京都の会社

偽装が見つかってしまいました。

それが、、、株式会社都ジャパン!!

偽装の内容は

九州産のブロイラーを

鳥取産の銘柄鶏「大山都どり」

偽って販売していました。

都ジャパンの加工場では

作業員がブロイラーを

「大山都どり」と記載された

ビニール袋に詰め替えて

偽装工作を図っていたようです。

あまりにも業務化が進んだ偽装方法に

今回発覚した大山都どり以外にも

日常的に偽装が行われていたのでは

と捜査の手が伸びている

株式会社都ジャパンについて調査してきました。

スポンサーリンク

都ジャパンの会社概要は?

都ジャパンのホームページで

会社概要をのぞいてみようと思いましたが

公式ホームページがなかったので

調査した内容をまとめてみました。

■会社名:株式会社都ジャパン

■創業:1970年(創業46年)

■社長:久後勝巳(くごかつみ)

■住所:〒601-8183 京都府京都市南区上鳥羽南島田町72

■従業員数:不明

■取扱商品:鶏肉全般・かしわ・鳥肉・合鴨・野鳥類・開発国産輸入ブロイラー・冷凍食品全般・鶏卵・油脂類・惣菜加工全般・その他食肉等・地どり・鶏がら・串類

■取引先:レストラン、焼鳥店、居酒屋、飲食店、定食屋など

鶏肉を中心に、

肉以外の油や加工食品など

幅広く商売をされている会社です。

京都駅から車で約5分のところに

会社を構えているので

立地条件も良く、

どちらかというと古き良き京都の

「プライド高いええもん」

「ええ値段」で売っているイメージを

勝手にしてしまいますが、

長く続いたデフレの影響なのか

偽装をして「ええ値段」をつけなければ

経営ができなかったのかもしれませんね。

都ジャパンの偽装肉はどこに売られていたのか?

消費者としては

偽装のお肉がどこに売られたのかが

気になるので調査してみました。
株式会社都ジャパンは京都を拠点に

滋賀県・奈良県北部・大阪府北部・福井県

この4つのエリアで

販売していることがわかりました。

特定することはできませんが、

飲食店に直接販売していたので

偽装肉は関西北部のお店

売られているのでしょう。

兵庫県にあるサンファーム株式会社

ホームページには

都ジャパンに商品を卸している

記載されているので

サンファームから仕入れたお肉を

飲食店に販売していた可能性が高いです。

都ジャパンは倒産するの?

株式会社都ジャパンは創業40年以上続く

歴史のある会社ですが、

今回の偽装事件によって

倒産してしまうのか気になるところです。
「京都」「偽装」という

キーワードを聞くと

老舗料亭 吉兆の産地偽装問題

思い出してしまいます。
吉兆の場合は、産地偽装以外にも

料理の使いまわしなど

問題が溢れていたこともありましたが

最終的には倒産となってしまい

自社ビルや骨とう品など

手放すまでになってしまいました。

吉兆ほどのお店でも

一度問題を起こせばお客さんが

離れていってしまうので

株式会社都ジャパンも

倒産の危機に陥る可能性はあります。
ただ、同じ食品偽装をした

株式会社ダイコーやみのりフーズは

倒産しなさそうなので

どれだけお客さんの心を

がっちり掴んでいるのか

倒産を免れるポイントに

なってくるのかもしれませんね。

廃棄食品を偽装して激安で売ったり

普通の食品をブランドに偽装して

高く売ったりする世の中では

安くても高くても消費者としては

非常に買いづらいですね。。。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメント

  1. 匿名 より:

    都ジャパンが廃業ですか、大変驚きました。 私ここで専属の配送ドライバー等をしていました。
    大仙都とり頂いた事もあったのですが 値段の割りにたいして美味しくもなかったのですが、
    こういった事があったのが理由だったのかと納得しました。
     正直中の従業員は中国人の方々ですし。日本人を雇用する余裕なんかないと言われてたので倒産確定かと 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です