株式会社アコのブラック感が半端ない!印刷会社社長はどういう人なのか?

シェアしてもらえると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

こんにちは。

アラサーめがねことはるさめです。

365日連続勤務をしていた従業員に

損害賠償を求めて訴えられた株式会社アコ

株式会社アコのホームページ01

印刷関連の業務を行っていると聞いて

少し納得をしてしまいました。

印刷業界と近い業種の会社で働いていたので

印刷会社の知り合いもいましたし、商談もしていて

内情を知っているからです。

そんなわけで、株式会社アコの経営状態

社長はどんな人かを考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

株式会社アコのホームページは?

まずは、敵を知るためにホームページを

閲覧しましょう!

あれっ?株式会社アコで調べてもホームページがない!?

まぁ、小さな印刷会社はいろんな下請けで

成り立っているので

ホームページをわざわざ作ったりしないことが多いですね。

株式会社アコの基本情報

住所:東京都中央区銀座3丁目11−17

TEL:03-3544-5822

東京のど真ん中 銀座の中にある超好立地の会社ですね!

こんな立地の会社ならアフター5も楽しめるし入りたい!って

思うところですが、株式会社アコの場合はアフター5が午前5時に

なりそうなので遠慮しておきましょう。。。

それにしても、土地代が高そうな場所にありますね。

印刷会社は月々の固定費をなるべく避けたいので

なぜこんな場所に会社を立てたのか。。。

社長の見栄でこうなったのではないかと思ってしまいます。

(昔からこの場所にあるのであれば納得です!)

株式会社アコの経営現状は?

株式会社アコのホームページ02

印刷会社はどのような経営スタイルかというと

何億もする印刷機械を買って

それを使って印刷し続けることで

印刷機械の購入費を返済しつつ、利益を出していきます。

なので、なるべく止めずに回し続けることが

効率よく利益を最大限にできる方法となりますが、

実際にはそれだけ人件費もかかってきますし

印刷機械を稼働させる仕事も必要なので

普通の会社は夕方で印刷をやめます。

株式会社アコは人件費をタダ同然で働かせて

利益を増やそうとしたんですね。。。

株式会社アコのような小さな印刷会社の場合、

最新の印刷機械を1台いれると

ローン返済に20年は最低でもかかります。

1台2億円と仮定すると、、、

1か月あたり83万円を返済に充てる必要があります。

(ややこしいので手数料は省きます)

まぁ、人件費はタダ同然ということで

ひとまず置いておいて、、、

仕事がなければ機械を動かすことができません!

昔は、町の小さな印刷会社というと

商店街のパンフレットや公民館のチラシなど

地域に密着した仕事を担っていましたが

いまやそのポジションはプリントパックといった

ネットプリント会社に奪われてしまっています。

では、どのように仕事をもらってきたかというと

大手印刷会社・広告代理店などの

下請けが取引の主軸だったと考えられます。

下請けの会社は安ければ

じゃんじゃん仕事が入ってくるので

社長が決めてきた案件を

納期を間に合わせるため、機械をなるべく止めないように

元従業員は365日働き続けることとなったのでしょう。

いまや印刷は安さ勝負の世界になっており

安い下請け先があれば、そこにできるだけ仕事を回すようにして

大手印刷会社・広告代理店なども自社の利益確保をしているので

株式会社アコだけでなく下請けにはブラックが蔓延しています。

社長はどのような人?

株式会社アコのホームページ05

株式会社アコのような小さな印刷会社の社長には

何人かと会って商談したことがあるので

共通ポイントからどのような人かを考えていきます。

■社長が営業するので従業員が仕事量を調整できない

社長が「その仕事やらせてください!」

「値段は言い値で結構です!」という感じで

コスト管理やスケジュール管理をすっとばして

仕事を取りにきます。

その帳尻合わせに従業員が四苦八苦するのが常態化しています。

■従業員より印刷機械の性能を自慢する

印刷機械はぶっちゃけ誰でも動かせる簡単な機械のようで

(これは印刷工場のおじさんに聞いた話です)

日本語が話せない外国人労働者を安くで

雇っている会社もあるぐらいなので

あまり従業員のスキルを大切に思っていません。

むしろ何億も出して購入した印刷機械のことを自慢します。

株式会社アコだけにとどまらず

印刷会社のブラックの闇は相当深いと感じています。

365日勤務した元従業員は1000万円の慰謝料と言わず

1億円を請求して、

他のブラック企業をビビらせるようにした方が

これからの社会のためにもなるかと思います。

(というか、単純に1000万円は少なすぎる!!!)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です