小林愛実のネックレスと両親が気になる!経歴が神童すぎて話題!

シェアしてもらえると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

こんにちは。

アラサーめがねことはるさめです。

昔ヤマハのピアノ教室に通っていましたが

全然上達しなかったですね。。。

親からほぼ強制で習っていて

そこまで楽しくもなく、、、練習もせず、、、

毎週ピアノの先生に怒られていた記憶があります。

なぜそんな記憶を思い出したのかというと、、、

2015年ショパンコンクールで唯一ファイナルに

進出している日本人 小林愛実さんの演奏を聴いたからです。

小林愛実のネックレスと両親が気になる05

小林愛実さんのピアノはきれいだなと思うと同時に

(小学生並みの感想で申し訳ない)

両親の教育方針がどんな感じなのかが気になったので

演奏前に必ずに祈るネックレス

小林愛実さんの経歴について一緒に調べてきました。

スポンサーリンク

小林愛実の経歴

小林愛実のネックレスと両親が気になる01

小林愛実(こばやし あいみ)さん

1995年9月23日生まれ

山口県宇部市出身の現在20歳

山口県の栄光文化賞を3回受賞しており、

7歳でオーケストラと共演したり

9歳で国際コンクールデビューを果たしたりと

幼いころからの神童ぶりが半端ないです!

小林愛実さんの経歴と受賞歴を

主要なものだけピックアップしてまとめてみました。

小林愛実の略歴

1998年:3歳でピアノを始める

2001年:最年少記録の5歳でピティナピアノコンペティション全国決勝大会に出場

その後、2004年まで4年連続出場する

2003年:8歳で二宮裕子さんに師事

2004年:8歳でピティナピアノコンペティションJr.G級(高校1年生以下)全国優勝

2004年:ショパン国際ピアノコンクール in ASIAアジア大会にて第1位金賞受賞

2005年:9歳で全日本学生音楽コンクール全国決勝大会 小学校の部 第1位

2006年-2008年:パリ・ニューヨーク・福岡でコンサート活動

カーネギーホールでは3度のコンサートを開催

2009年:第5回ワルシャワ国際音楽祭にて、オーケストラと共演し成功を収めた

2012年:ジーナ・バッカウア国際ピアノコンクール ヤングアーティスト部門にて第3位入賞

2013年:米国カーティス音楽院に留学

ターニングポイントとなったのは

2003年の二宮裕子さんに師事したことです。

2004年以降、コンクールの出場と受賞が

加速度的に増えてますし

大きなステップアップのきっかけになったのでしょう。

東京・世田谷にある二宮裕子さんのレッスン室まで

小林愛実さんの実家がある山口県から1人で飛行機を往復して

通うほどの熱心な生徒で

2007年からは二宮裕子さんと同じマンションに引っ越して

エレベーターでレッスンに通っていました。

8歳から1人で飛行機を乗り回すなんて

考えられないですが、

小林愛実さんはそれを4年間続けていたんですね。

ホームシックどころか迷子になりそうですし

空港で「お母さんとお父さんはどこ?」って

呼び止められるレベルですよ!

こういった心構えというか芯の強さが

神童を構成しているのかもしれませんね。

小林愛実のネックレス

小林愛実さんは演奏前に願掛け的なことをしています。

最近でいうと、ラグビー日本代表 五郎丸歩選手のキック前の

お祈りポーズみたいなものです。

演奏前のシーンと静まり返った緊張感の張りつめる状態で

ネックレスを握りしめて祈りを捧げるポーズは

固唾をのんで見守りたくなります!

ちなみに映像はこちら(01:25あたりから)

椅子の高さを調整して

  ↓

目をつぶり

  ↓

ネックレスを握りしめる

  ↓

手を放して瞑想

この流れは小林愛実さんの中で

何かしらの「ジンクス」があって

儀式的に演奏前にやっているのでしょう。

ちなみに、このネックレスっぽいものを調べてきました。

 

 

実際は、もっと高級なのだと思いますが。。。

こんな感じの音符デザインのネックレスです。

小林愛実の両親は?

ここまでの神童を育てるのに

小林愛実さんの両親はどのような教育方針だったのでしょう。

両親の心が垣間見えるインタビューがありました。

愛実ちゃんは山口県の田舎についても語ってくれました。「山と川と畑があって、じいちゃんとよくタケノコ掘りをしたんだよ」と思い出を楽しそうに語ってくれたこともありました。3歳から「お母さんが私の人見知りを直そうと通わせた」ピアノのレッスンも大好きだった。彼女の急速な成長に見合った指導者を探し求めた母親は、日本のピアノ教育界の重鎮・二宮裕子女史のもとへレッスンに通わせ、東京に引っ越しもした。

(引用:http://www.lfj.jp/lfj_2015/pickup/post-11.html)

小林愛実さんのピアノのきっかけは

人見知りを治そうという意外な理由だったんですね。

同じピアノ教室に通う友だちや先生と

仲良く楽しみながらレッスンができたからこそ

ピアノが上達していったのでしょう。

お母さんの策略大成功です!

わたしのように嫌々やってたって

ピアノは上達しないんですから

子どもには好きなことをやらせるのがイチバン!

無理だなと思ったらすぐやめて

別のものを教えてあげて可能性を広げるのが

両親の役目なのではないかと思います。

小林愛実さんの両親のすごいところは

子どもの好きと実力を見極めて

さらに大きな世界へと送り出す努力をしてくれたことです。

もちろん、気持ち以外にも金銭的な問題を

クリアする必要があるので

誰にでもまねできないことですが

幸運にも小林愛実さんは次のステージに上がれたんですね。

両親が人見知りを治しただけで

満足していたらいまのピアニスト小林愛実は

存在していません。

子どもの教育には両親がどれだけ

子どもの可能性を引き出せるかにも

関わってくるんだなと考えさせられます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です