カエンタケの生息地は?東京や関東でも大量発生の危険が!?

シェアしてもらえると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

こんにちは。

アラサーめがねことはるさめです。

奈良県生駒市の生駒山をはじめ関西の各所で

とんでもない猛毒のきのこが発見されて

話題になっています。

そのきのこは、、、カエンタケ!!!

カエンタケの生息地は?東京にもいる?03

高さ3~13cmできのことは思えない

鮮やかなオレンジや赤色をしていて

形はどことなく指のように見えます。

少し触るだけで大きな炎症を引き起こす

猛毒を持ったきのこで危険なのですが、

子どもやペットにとってはきれいなおもちゃに見えるので

ふと触ってしまう可能性も十分あり警戒が必要です。

カエンタケはどこに生息しているのか

そして、東京や関東にも出現しているのか

是非チェックしてください。

スポンサーリンク

カエンタケの生息地は?

カエンタケの生息地は?東京にもいる?02

カエンタケは主に日本・中国・ジャワ島などで生息しています。

日本では初夏から秋にかけて発生し

広葉樹(ミズナラ・コナラ)の枯れてしまった木の根元や

地中に埋もれた倒木などから出現します。

ミズナラ・コナラといったナラ類の木は

いわゆる雑木林の中に生えている木の一種で

日本全国どこでも見ることのできる一般的な木です。

カエンタケの生息地は?東京にもいる?04

ただ、カエンタケは枯れた木にしか

生息していないのでほとんどの場合

危険性はないのですが、

感染症で木が立ったまま枯れることもありますので

枯れ木を見つけたときは近づかないでください。

今回カエンタケが大量に見つかった生駒山では

ナラ類の多くの木が感染症で枯れていることが

確認されています。

カエンタケは東京や関東にも出現?

カエンタケの生息地は?東京にもいる?01

カエンタケの生息する木は

どこにでも存在するということは

今回発見された関西以外でも

東京や関東を含めた日本全国で出現する可能性があります。

いまのところは木を枯らす感染症が

流行っているという情報は入ってきてはいませんが

大流行はしていないだけで

林の中で枯れた木はいっぱいあるので

枯葉に隠れてカエンタケが出現していることもあります。

過去には東京の八王子でカエンタケの大量発生

ネット上に流れていたこともあります。

この情報を役立てて

猛毒のカエンタケにご注意ください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です