村上大介の経歴とプロフィールは?陽進堂との泣けるスポンサー関係が!

シェアしてもらえると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

こんにちは。

アラサーめがねことはるさめです。

カナダで行われている

フィギュアのグランプリシリーズですが

ショートプログラムが終わった時点で

1位に立ったのが村上大介さん!!!

村上大介の経歴とプロフィールは?02

試合前は羽生結弦さんとパトリックチャンさんの

2強対決と言われていたものの

羽生結弦さん6位、パトリックチャンさん2位の

予想外の状況になっています。

そんな強豪を抑え1位に立った

村上大介さんをチェックしていきたいと思います!

スポンサーリンク

村上大介のプロフィール・経歴

村上大介の経歴とプロフィールは?03

名前:村上大介

生年月日:1991年1月15日

出身地:神奈川県

身長:165cm

幼いころは横浜のインターナショナルスクール

に通っていましたが

9歳で両親とともにアメリカに移住し

そこでフィギュアスケートに出会うことになりました。

9歳から16歳までの7年間をアメリカで

過ごしていたためか

村上大介さんのインタビューを聞くと

日本語が若干おぼつかない気がします。

それだけ長く海外生活をしていれば

英語が母国語のようになってしまいますよね。

フィギュアのコーチは外国の方が多いので

指導を受ける点では英語がネイティブレベルなら

意思の疎通がスムーズにいきますし

よりコーチの求めている表現ができるので有利です!

現在24歳で遅咲きのスケーターと言われていますが

2014-2015シーズンは

プランタン杯、NHK杯で優勝しており、

実力が伸びてきている注目選手です。

村上大介はお金に困っていた

村上大介の経歴とプロフィールは?06

フィギュアスケートにはお金がかかるといいますが、

村上大介さんも費用面では苦労されていました。

両親はレストランを経営しているそうですが

フィギュアスケートには年間数千万円

かかるので、レストラン経営では支えることが難しいです。

スケートリンク代・遠征費・衣装代はもちろん

コーチや振付師に払うバカ高い費用も掛かってきます。

安藤美姫さんや織田信成さんのコーチとして有名な

モロゾフコーチから村上大介さんもレッスンを受けていましたが

年間600万円の費用が掛かっています。

(織田信成さんが契約したときの情報です)

一流のスケーターになるためには

最低1000万円が必要とされる世界で生きていくのに

村上大介さんは苦労していました。

最低1000万円ですが、これ年間の費用ですからね!

年収1000万円を超える日本人は

数パーセントしかいないというのに。。。

村上大介と陽進堂の泣けるお話

村上大介の経歴とプロフィールは?05

浅田真央さんや羽生結弦さんのような

有名フィギュアスケーターなら

スポンサー契約が企業側からオファーされるので

費用面のバックアップは

お釣りが出るほど大量にもらえます。

しかし、村上大介さんのような

無名のスケーターはそうはいきませんよね。

村主章枝さんのスポンサーをしていた

陽進堂の社長に送った手紙に希望を託し

フィギュアスケートにかける思いと

現在費用面で非常に困っていることを

熱い熱いメッセージを詰め込みました。

思いが通じて2011-2012シーズンから

陽進堂とスポンサー契約を結ぶことになり

スケートにかかる費用を工面することが

できるようになりました!

陽進堂は富山県にある

ジェネリック医薬品の会社ですが、

縁もゆかりもない村上大介さんに

年間数千万円のスポンサー費用を出す心意気に

感服するばかりです。。。

陽進堂への恩返しのためにも

今後の活躍を期待したくなる選手ですね。

ただ、羽生結弦さんのSEIMEIは

神懸った演技と評判なので

6位から余裕で1位に上がってきそうで

まだまだ目が離せない大会です!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしてもらえると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です